INDEX    RSS    ADMIN

イタリアのシチリア島でゲシュタルト大会が開かれた。

イタリアのシチリア島でゲシュタルト大会が開かれた。
今回はアメリカのAAGTとヨーロッパのEAGTの合同で行われた。開催されたシチリア島は観光で人気があるが、映画のゴッドファーザーのマフイアが生まれた土地である。

IMG_1816.jpg

料理は美味しい。特にムール貝やシーバスなどの魚介類と白ワインが最高だった。
写真にあるのはシチリア島での料理である。男前の男性が目の前でサービスをしてくれる。白ワインを3本飲んでしまいました。

IMG_1810.jpg

ゲシュタルト大会はヒルトンホテルで行われたが、我々は浜辺の前にあるマンションを購入した、と言いたいが5日間ほど借りました。夜景は世界遺産になった断崖の上に造られたタウルミナという町である。

IMG_1811.jpg

シチリア島は遺跡の町である。古代のギリシャ神殿やローマ時代の遺跡がゴロゴロと残っている。
最も美しいと呼ばれた町のシラクサのドゥオーモ広場で結婚式がおこなわれていた。

IMG_1812.jpg

IMG_1813.jpg

ナポリの街は石畳が続いている。スリや強盗に気をつけろと注意されたが日本人6人は何事もなく帰国できました。

IMG_1815.jpg

おっと、ゲシュタルト大会は1000人を超す申込みがあったそうだ。発表は2.3時間のセッションが10くらい同時並行で行われていて、選ぶのに苦労しました。
日本のゲシュタルト学会で招待した米国のアンセル博士、イギリスにゲシュタルトを広めたパレット博士、昨年招待したジェイコブ博士などとも話す機会がありました。

ニューオリンズに行ってきました。

ニューオリンズに行ってきました。
ジャズとお酒と料理の旅でした。
最初に行ったのはソールフーズのお店です。
左下はGumboという郷土料理です。煮込んだ野菜や魚が入ったもの。
右下は 豆料理とチキンです。ケンタッキーフライチキンみたいな油臭さがない。
左上はBBQリムでとても美味かった。ビールに合いますぜ。
右上はピーマンに肉を詰めたものです。これも美味い。

IMG_0833.jpg

ジャズの店がある通りは、色々な人種が入り混じっていた。
黒人の子供がバケツでドラムを叩いている。
この男の子は14歳で人だかりが出来ていたほどドラムのバチさばきも上手かった。

IMG_0878.jpg

もちろん、バーボン通りはこんな人種もたくさん居ました。
このおじさんは昼間から裸でこのように立っていた。
若い裸の女性が乳房のうえにペインテングをしていてが通り過ぎてから気がついた。
本当は戻って写真を撮りたかったけど。

IMG_0854.jpg

有名なBBキングのお店である。昼間からニューオリンズのジャズとお酒を楽しめる。
同行したGNJの3人のトレーニング修了生です。ご機嫌な顔つきである。途中から客に誘われて踊り出しました。

IMG_0861.jpg

IMG_0865.jpg

もちろん一番はオイスターの店だった。アメリカ人に人気のある店だが5時に行っても
すでに並んでいた。1ダースで19ドルと安いし美味かった。

IMG_0869.jpg

IMG_0873.jpg

僕が見たかったのは西部劇に出てくるミシシッピ河と蒸気船である。
広くてゆったりと流れていました。

IMG_0839.jpg

IMG_0840.jpg

IMG_0851.jpg


サンフランシスコでゲシュタルトのワークショップを開催

Gestaltwork shop in San Francisco.

1月の週末にサンフランシスコに行ってきました。
かねてからS.F.でワークショップをしたいと思っていました。
10年ほど前にポーラが亡くなる1.2年前に彼女は自分が教えた香港グループ、日本の前GNJグループ、そしてサンフランシスコのゲシュタルト関係者で「環太平洋ネットーワーク」のワークショップを開催しました。
そのころはGNPRゲシュタルト・ネットワーク・パシフィック・リムとして百武正嗣が事務局を引き受けていたのです。

そんなわけでぜひゲシュタルトのワークショップをサンフランシスコでやってみたいという思いがありました。
幸いモーガンがGISF(ゲシュタルトサンフランシスコ研究所Gestalt Institute of San Francisco)の所長をしているので彼に企画を依頼したのです。
ところがこのGISFはポーラが最後に所長をしていた組織だったのです。
一時ゲシュタルトが衰退して活動していないこのGISFを引き継いだことになります。

写真(朝靄のサウサリートの入江) SAUSALITO in the morning
IMG_0752s.jpg

私はモーガンのアパートに泊めてもらいました。
サンフランシスコのゴールデンブリシッジの反対側に位置した静かなSAUSALITO(サウサリート)という街です。
写真は彼のアパートから見えるヨットハーバーの入り江ですが、右側に行くと赤いゴールデンブリッジになります。

写真(モーガンの窓から見える港) a harbor from Morgan's place
IMG_0753s_20160208031738b65.jpg


ところがもっと嬉しい驚きがありました。それは今、僕は「気づきのセラピー」を英訳して、その校正をモーガンとアシスタントのルース(Ruth)さんにお願いしていました。
彼女は英語の先生だったので、とても丁寧に読んでくれたのです。
そして僕とポーラの話のくだりで、ルースさんもポーラの最後の教え子だったことが分かったと教えてくれました。
最後の夜にルースさんのアパートによって夜空を見上げたら満月が雲の合間から顔を出してくれました。

写真(ルースさんのアパートからの帰途に満月)Full moon after I met Roth.
IMG_0778s_20160208031739aa6.jpg


ももたけ

ギリシャでワークショップ

先週、ギリシャでワークショップを行ってきた。今回はアパートの部屋を用意してくれた。

窓からはアクロポリス神殿がみえるところである。


さっそく目覚めると散歩してみた。一時間ほど歩くと

神殿の見える通りに出が小腹が空いたので、お昼にした。

なんと注文した山羊肉の大きなことに驚いた。

ギリシャサラダは山羊から作ったチーズがドカンとある。

赤ワインを飲みながら第一に目のおのぼりさんコースである。


神殿の周囲にはレストラン並木のほかに、いろいろな店が並んでいる。
通りを歩いていると古物、骨董の店があった。

刀や食器は手にとって見るとインチキ品の山だけど安いのでお土産として

買う人たちも多いのだろう。


サンドイッチを食べる店に入った。

目の前はメトロの入り口なので、電車がつく度一通りが多くなる。

おじさんは日の当たる位置でのんびりして知り合いを待っているようだ。


僕は店の中のカウンターから外をのぞきながら朝の食事をした。

野菜と豆をつぶしたようなものだがとても美味い。


アパートの通りに市が出た。新鮮な果物や魚などもある。


花屋から始まる市なんてちょっといいね。魚を撮っていたら、売っていたお兄さんがひょうきんに顔を出した。

三回目のアテネだが今回はジモッピー気分になれたのが嬉しい。



もちろんワークショップの楽しかった。参加者20人くらいだったが、半数がセラピストであった。みんな日本のゲシュタルトに興味を持ってくれたようだ。




By ももたけ

雨上がりの三浦半島を散歩

雨上がりの三浦半島を散歩することにした。朝から大雨注意報と竜巻警報のアナウンスが窓辺の外から聞こえて来た。
それなのに、楽しみに期待でワクワクして待っていた竜巻どころか、突風さえ吹いて来ない。
しかもチリ地震による津波は、三浦半島にたどり着くと10センチ程度になった。
裏の畑を散歩すると、雨上がりの彼岸花があった。更に散歩道を登って行くと真赤な彼岸花が群生していた。






更に散歩道を登り切ると三浦半島を見渡すことが出来た。
左手の三浦海岸は東京湾の入口に当たる。朝は海外から入港する貨物船が入って来る。夕方には車や荷物を積んだ大方船が出て行く。
朝夕は肌寒くなった曇り空の下をゆっくりであるが貨物船や客船が出入りし続けるのである。

momotakemiura.jpg

プロフィール

gnj

Author:gnj
こんにちは、ゲシュタルト療法のワークショップを開催しているNPO法人ゲシュタルトネットワークジャパンです。
ゲシュタルト療法の「今-ここ」の「気づき」は、いきいきと自分らしく生きるエネルギーを活性させます。ひとりひとり違うonly oneの大切な存在である互いを認め合いながら、家庭で、学校で、職場で、地域で、世界中で、つながりあっていく社会を実現したいと思っています。

最新記事

ほのぼの時計 わくわく版

検索フォーム

QRコード

QR