INDEX    RSS    ADMIN

残滓(ざんし)

残滓(ざんし)
前田 茂則
『ユニセフカレンダー』に掲載されてある1枚の写真-1億9,500万人の乳幼児が発育疎外に苦しんでいるという添え書きあり-を凝視していた。胃部に奇妙な緊張と固く閉ざしていく体感が生じた。
その後、4月14日の熊本大地震直後、交通網が混乱し被災地へ「おにぎりが届かない」という記事に接した時、上記同様の体感を味わった。さらに1月後、「子供食堂」(食事難渋したり、孤食を強いられている子どもを支援する活動)の報道に触れた時、三度同一体経験をした。
このような奇異な体験をした後のある日、帰宅途中で激しい空白感、むしろ飢餓感がフイットする事態に陥り、ふらつきながらようやくのこと家へ辿り着くことができた。直ちに食卓へ向ったのは言うまでもない。食後、若干の燗酒(かんしゅ)も効いて満足感、充足感に浸っていた。その瞬間、小生が9歳の時-昭和20年9月頃-激しい空腹感に襲われ、窮余の一策で蛇口から胃袋へ水をしこたま流し込み疑似満腹感でひもじさを代替したこと、歩く度にびちゃびちゃ、ボコボコと胃の中で奇妙な音が出ていた体験を想起した。
3回続けて味わった奇妙な体験は、少年時代のそれであったことに気づき、あらためて「食い物の恨みは恐しい」ことを実感した。
空腹が生じると、激しさが募っており、この症状は長く背景として沈潜した残滓が、ようやくチャンスを得て浮上することができるようになってきていることの証しであろう。ことに、気づかれないまま身体内部の残滓を払拭するにはながい時が必要なのだ、痛感させられている。「あせらず、休まず、諦めず」を大切に自己に向き合う作業を継続したい。
自己のなかに生じる小さい現象を疎かにすることなく、その現象を直視しかつ対峙していこう。
平成26年5月吉日

叱責できない父親、叱れる母親

千駄ヶ谷のある交差点で、5〜6歳の男児と父が信号待ちをしていた。

するとこの子が、車道へ出たり、入ったりする行動を繰り返し始めた。

父は、「○○、危ないよ、止めなさい」と注意するが、それ以上の行動はとらなかった。

「○○が、お父さんの言うことを聴いてくれないので、お父さんは悲しい」と言っていた。

その日の夕方、同じ交差点で年齢も似た父子が居た。
男児が同様の行動を始めた。この父の言動も、前述の父親と大同小異であった。


父子 / kaiwaisheep

(写真はイメージです。)

子供の身の安全に係る問題なのに、忽然とした行動がとれない(とらない)二人の父親をみて、唖然とすると同時に、暗澹(あんたん)とした気持ちに襲われた。恐い存在として、「地震・雷・火事・親父」という言葉があった。前三者は、厳然として存在感を示しているが、親父の存在だけが皆無になった思いに駆られてしまった。

 この件があって二か月後、福岡市の博多駅「みどりの窓口」の所で順番待ちをしていた。


博多車站綠色窗口 / alberth2


私のすぐ前に、二人の男児(7歳くらいと5歳くらい)を連れた母親が居た。弟が兄に対して悪戯を始めた。
兄「△△、止めろよ」
母「人前でしょ、こんな所で悪ふざけは止めなさい」と注意していた。
弟の行動はエスカレートしていった。

やがて、
母「なんばやっとると!」という叱責と同時に、母の右拳が宙を舞って、弟の額にゴツンというにぶい音を発して炸裂した。

「痛てえー」と叫んでへたり込んだ。

ちょうどその時、「次の方、どうぞ」というアナウンスがあり、母は二人を促して、泰然自若として態度で窓口に進んだ。

「だめはだめ、なるむものはならぬ」を実践した行動を目の当たりにして、「日本も、まだ大丈夫」ちいう気持になり、且つ爽快感に包まれた。
飲んだビールも旨かったこと、旨かったこと。
「軟弱な父親どもよ、この人の『爪の垢でも煎じて飲め!』ザマーミロと、内心、快哉を叫んでいた。これまでのもやもや感が雲散霧消した幸福な一時であった。


瓶ビール / nikunoki


「なでしこジャパン」の大活躍も、この市井(しせい)の女性(母親)のように、「踏み込める」強靭な精神力に支えられているに違いない、と思っている私です。


FIFA Women's World Cup Canada 2015 - Edmonton / IQRemix


前田
(画像はFlickrからPulic safeのものを載せています。)

千葉県第20期シニア全国将棋大会

千葉県第20期シニア全国将棋大会で、千葉代表になりました。

4:6ー7に、五反田ユーポートで、千葉代表として出場し勝てば、東日本代表になります。

39歳をめどに、ゲシュタルト療法に専念するため将棋をやめました。
平成9年4月から再開しました。
乞うご期待です。

ひろこが、しげさんをインタビューしました。

将棋5段の賞状

しげさんこと前田さんに、将棋5段の賞状を見せてもらいました。
しげさん将棋5段
しげさんにとって、ゲシュタルト療法とともに、熱い思いで続けられている将棋。
5段の道のりは長かったことでしょう。
かっこいいです。

間が悪いのは

今回は、「間が悪い」私について触れてみます。日本語大辞典によれば、「間が悪い」とは、

(1)きまりが悪い
(2)運が悪い

という意味づけがされています。
ここで取上げるのは、後者についてです。これまで体験してきた、そして今もしている「間が悪い」経験を思いつくまま列挙してみましょう。

1.急ぎ用意する必要がある資料をコピーしていたらコピー機が突然、機能不全になる。或いはコピー用紙がなくなり、予備のコピー紙もその時に限りない。

2.私が使っていたATMが急に動かなくなり、やむなく別のATMを使用することになります。

3.何らかの必要性があって行動-例えば、外出をする。原稿書きや調べものをする-をしようとする矢先に、来訪者があったり、電話が入ります。来訪者も電話も私にとって不要な用件、ある宗教の会による勧誘、家のリフォームの問い合せ、墓地購入案内などです。
このような予想外のでき事によって予定が狂わされてしまいます。時には、同じような事が反復されます。まさに「泣きっ面に蜂」、「踏んだり蹴ったり」、ということになってしまいます。

4.仕事を始め軌道に乗り出したところに来客や電話があります。私にとって不要な内容なら手短に対処しますが、不思議と簡単に済ますことができない場合が多く、しっかりと向き合うことになって、結局は仕事が中断されてしまいます。

maga_warui.jpg 5.仕事で、10時までに行く必要がある場合、余裕をもって自宅を出たにもかかわらず、何らかの事故や道路事情のため、時間に遅れてしまう。

6.あるイベントの入場券を購入のため出掛けたら、私の前の人で売り切れてしまう。
 或いは将棋大会などで参加申し込みで並んでいたら、私の前の人の所で定員になり、参加できなくなってしまう。無駄足を踏むことになるわけです。

7.スケジュールが一杯でこれ以上増えてくれるな、と願っているのに別の予定が入ってきます。バランスよく入らないものか、という思いにさせられます。

8.ことに海外旅行で自分の部屋鍵の調子が悪い、浴槽の栓に小さな亀裂がある、旅行カバンの鍵の調子が急に思わしくなくなるなど。

9.出費が重なる所にさらに重なって、資金作りや遣り繰りに苦労すること。

10.降雨は心配ない、という予報を受けて傘を持参しないで外出したら雨に遭遇し、やむなく傘を何度も購入する破目になってしまうことなど。

 これらのでき事は、私の生死にかかわったり自己の存在を脅かすことではないですが、こういう事象が、反復継続されますと、いささか、わが身の不運?を嘆きたくなってしまいます。一時は、こういう事態が生じる原因や背景をあれこれと想像し(考え)てみました。

想像することを続けると、果てしなくマイナスな思いを強化して行っている自分に気づいて、「すべては起こるべくして起こる、一喜一憂しないで、今生じている現実を受容するしかない」、という選択をしてやっております。
「間が悪い」自分に焦点を当ててみましたので、今度は「間が良い(運が良い)」自己について観てみようと思っています。「光と影」、「影と陽」、「長所と短所」の両面から観る姿勢を大切にしたいです。

プロフィール

gnj

Author:gnj
こんにちは、ゲシュタルト療法のワークショップを開催しているNPO法人ゲシュタルトネットワークジャパンです。
ゲシュタルト療法の「今-ここ」の「気づき」は、いきいきと自分らしく生きるエネルギーを活性させます。ひとりひとり違うonly oneの大切な存在である互いを認め合いながら、家庭で、学校で、職場で、地域で、世界中で、つながりあっていく社会を実現したいと思っています。

最新記事

ほのぼの時計 わくわく版

検索フォーム

QRコード

QR