INDEX    RSS    ADMIN

手仕事の豊かさ

葉子です。
最近のお気に入りのバッグとポーチです。

20151013-068s.jpg


友人のお母さんが作っている帯をリサイクルした作品です。
丁寧に意匠をこらした帯地を、丁寧な手仕事でバッグやポーチに仕上げる。
時代が変わってゆく中、日常的だったものがそうでなくなる時がたくさんあります。
それを様々に工夫して使い続けることの何と豊かなことでしょう。
モノがあふれている現代に窒息しそうな感じがあって、「もう何もいらない」とたびたび思うのですが、こんな素敵なモノに出会うとあっさり前言撤回!です。
あふれているモノの中には、こんなふうに丁寧な手仕事による何とも豊かな気持ちになるモノが実はたくさん潜んでいるのですね。
私は「モノを作る」手仕事は残念ながら不器用なのですが、丁寧に作られたモノを使う日々を丁寧に生きよう。そんなふうに思っています。
Yoko

母がレビー小体型認知症です

葉子です。

認知症はひとくくりに語られがちですが、認知症の種類によって症状は全く違います。特にレビー小体型とアルツハイマー型認知症は全く違います。高齢の母の場合は、アルツハイマーの主症状でもある記憶障害(いわゆる物忘れ)もあるのですが、進行はとても緩やかですし、レビーの方の中には記憶障害がほとんどない方もいらっしゃいます。

220950s_20150813003814fdf.jpg

レビー小体型の主な症状のひとつに幻覚があります。幻視・幻聴・幻臭・幻触・幻味…すべてがあるとは限らず人によって様々ですが、幻視の症状を持つ方は多いようです。
母の場合は、知っている人が現れます。突然その人が「いる」のですが、突然「いなくなる」のです。母の場合は知っている人なので「恐い」ということはないのですが、知らない人が「いる」場合は、それは恐いだろうと想像できます。母は恐くはありませんが「どういうことなのか」混乱はします。母にとっては確かに実在しているので、それが他の人には見えないことや、それが死んだ人であることについて「どう理解すればいいのか」回答が見つかりません。突然「いなくなる」ことも不思議です。ですから不安を感じています。

母と接していて実感することは、思考能力も感情機能も正常だということです。記憶障害がありますが、「わからない」ことは自覚しています。ただ「何が」わからないのか「わからない」ので言い訳すらできませんし、不安を感じます。ですから怒られたり、非難されたり、はたまた同情されたり、子供を諭すような言い方をされたりすると、憮然となったり、憤然となったり、落ち込んだりします。

『当然だよね、お母さん。
お母さんはバカになったわけではないものね!
脳の一部は誤作動があり、一部は機能が低下しているけど、
精神はこんなにも健全そのものですものね!』

私はつくづく「認知症は何もわからなくなる」と十把一絡げにしてしまうことの間違いと誤解に危機感を持ちます。感情機能があることについてばかり言及される記憶障害についても、重症になれば「言葉」「意味」「文脈」を想起できなくなるので結果として「思考能力」は低下しますけれど、その過程では思考能力の正常さが失われているわけではない、と私は考えています。それを「何もわからない」「何もわからなくなる」と決めつけられるのは、どれほどの苦痛でしょう。

マザー・テレサの言葉を思い出します。
「貧しい人々が最も求めているのは、憐れみではなく愛なのです。人間としての尊厳に敬意を払ってほしいのです。」

同じだなぁと思います。同時にこれは貧しい人や病気の人だけではないなぁと思います。本当は誰もがありのままの自分を知ってもらいたい。自分がどんな状態であれ、勝手に決めつけてほしくない。心配や憐れみの代わりに、時々でいいから一緒に楽しい時を過ごしたい。私はそう願いますし、生きている一人ひとりの共通の願いに思えます。

038179s_20150813003813bb8.jpg

40年越しの思い

葉子です。
その昔、中学生だった私は稚内に住む同年の女の子と文通友だちになりました。
一度は彼女の生まれ育った稚内に行ってみたい…
そう思いながら40年以上もたってしまったのですけれど
おまけに現在彼女は神奈川県に住んでいるのですけれど
稚内に行ってみたい、その思いが今も消えずに私の中にあることに気づいて
ふと思い立って行ってきました。
調べる途中で稚内とサハリンを往復するフェリーの運航予定が目に留まりました。
サハリンまで5時間半かぁ…
ふとした思いつきが重なって稚内からサハリンまで足を延ばすことにしました。

稚内は人が少なく、静かな町でした。
日本最北端の宗谷岬も観光客はまばらで、とても静かでした。
駅や商店街の案内にはロシア語が併記されていて新鮮でした。


稚内を出港したフェリーは海上で国境を越えてコルサコフの港に到着します。


サハリンでは州都であるユジノサハリンスクに滞在しました。

日本時代に「豊原」と呼ばれていた都市で、日本時代の建物が今も点在しています。
物価が高いですが、街並みはきれいに整備され、治安も良く、人々は親切でした。
英語はほとんど通じません。
日本時代の豊原公園がそのままガガーリン記念文化公園になっています。
自然の豊かな素敵な場所で、朝な夕なにのんびり散歩を楽しみました。






サハリンではどこを歩いていても
ベビーカーや小さな子どもを連れた親子にたくさん会いました。
稚内の静けさとは対照的でした。
文通友だちの生まれ故郷を歩いてみたい…
40年越しの少女の頃の思いは
こうして日本の過疎化の現状を体験し、ロシアという異国に触れる旅になりました。

満開の桜

葉子です。

毎年3月の中旬から4月は桜の開花が待たれ
日本中が今か今かと心落ち着かない日々を過ごすように思います。
桜が花開けば、それだけで心浮き立つような喜びを感じます。

yokok_blog01.jpg


満開の桜を愛でながらふと気づいたことがあります。
その日は曇り空の下に風が出て、窓から眺める桜の木々がわさわさと揺れている様が
どこか恐ろしいような…
まるで深い闇と隣り合わせのような…
美しくも怪しげな風情…に感じられて、はっとしました。

yokok_blog02.jpg

友人が癌で入院しています。友人のことが心から離れない日々です。
日頃写真をとる習慣のない私ですが、今年は桜を写して友人に送りました。

毎年、同じように桜を愛でているようでいて
その時その時に感じられる風情は私の心の写し鏡です。

yokok_blog03.jpg

パールズはすべてが投影だと言っていましたっけ。
桜の足元には小さな花たちが咲いていました。

yokok_blog04.jpg

真綿のストールのぬくもり

葉子です。
朝晩ずいぶん寒くなりました。今一番のお気に入り、真綿のストールがぬくもりをくれます。思いのままに糸を染めて、その糸たちのダンスを織り上げる小樽在住の寺岡和子さんの作品です。74歳の和子さんのいきいきとした姿は、美しい糸たちそのものでした。

葉子さんblog20131027


和子さんと出会った帰り道、花屋さんの店先で千日紅の隣にワレモコウが風に揺れていました。夕方のひんやりとした空気を感じながら、足が止まりました。日常の中に四季折々の季節を感じる瞬間。豊かな喜びです。
 この当たり前のように感じてきた四季折々も変化していることを実感します。異常気象が日常的になって、もはや異常ではないと感じます。明らかに気候は変化しています。現実世界は変化の連続体、生きることがプロセスであることを思い出させてくれる一コマです。
 このプロセスを生きる中で自分が何を大事にしたいのか。日々がプラクティスです。

プロフィール

gnj

Author:gnj
こんにちは、ゲシュタルト療法のワークショップを開催しているNPO法人ゲシュタルトネットワークジャパンです。
ゲシュタルト療法の「今-ここ」の「気づき」は、いきいきと自分らしく生きるエネルギーを活性させます。ひとりひとり違うonly oneの大切な存在である互いを認め合いながら、家庭で、学校で、職場で、地域で、世界中で、つながりあっていく社会を実現したいと思っています。

最新記事

ほのぼの時計 わくわく版

検索フォーム

QRコード

QR