INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百武さんの本、「気づきのセラピー」


ゲシュタルト療法って、どんなもの?

と、人からよく聞かれるのですが、いまだにうまく答えられない私がいます。

自分に気づくことによって、世界がひろがると言ってもなんだか説明がぼやけているし・・・。

ゲシュタルト療法と病気を治す方法みたいですが、もっと身近で、自分の本当の気持ちに気づく、触れるということで、ゲシュタルト・アプローチという人もいます。気づくだけで世界がだんだんかわってくるんです。

そういうことをまったくわからない人にどう話せばいいかいつも悩みます。

そんな中、まったくゲシュタルト療法がわからない人に、百武さんの「気づきのセラピー」を貸してみたら、わかりやすくてよかったと言ってくれました。

ゲシュタルト療法の基本が、とてもわかりやすく書かれていて本当に本当に初めての人にはわかりやすくていい本だと思います。

大きさも、ボリュームもちょうどよく、読みやすい本です。

自分の体験を話すのが一番納得してもらえるかもしれませんが、ひとつの方法として、

ゲシュタルトを紹介するのに困った時に、紹介するのにいいと思います。

関連記事

プロフィール

gnj

Author:gnj
こんにちは、ゲシュタルト療法のワークショップを開催しているNPO法人ゲシュタルトネットワークジャパンです。
ゲシュタルト療法の「今-ここ」の「気づき」は、いきいきと自分らしく生きるエネルギーを活性させます。ひとりひとり違うonly oneの大切な存在である互いを認め合いながら、家庭で、学校で、職場で、地域で、世界中で、つながりあっていく社会を実現したいと思っています。

最新記事

ほのぼの時計 わくわく版

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。