INDEX    RSS    ADMIN

春の庭

3~4月頃になると、大地の鼓動が聞こえてくる。
始めはゆっくり、だんだん早くなり、だんだん大きくなる。
私の身体の鼓動も大地と共に動き出す。軽やかなリズム、心地よい響き。
五月になると鼓動は早くなり大きくなり、やがて頂点にたっす。
私の身体はゴムマリのように弾む。
殺風景だった庭が一斉に緑に覆われる。よくよく見ると緑にも様々な色がある。ありったけのクレヨンでも描き切れない。
自然の描く自然の風景は神秘そのものである。
私は忙しくなる。抜きたい雑草は一つもないのだが、抜かねばならない。
毎朝、15分の時間と決めた草取りの時間はいつもオーバーする。
楽しい時間はあっという間である

P1020807_convert_20170626071305.jpg



山野草は、旅先や実家からの移植によるものが多い。その数は100種は超える。
キランソウ  別名 ジゴクノカマノフタという。
地を這って地獄に蓋をするように咲くのでこの名がついたという。
てんぷら、お浸し、胡麻和えもよし、干して煎じて飲めば、気管支の炎症、喀痰の排出に効能がある。
最近風邪をひかないのは薬効があるのかもしれない。p1020805

P1020805.jpg

フタリシズカ
新芽をお浸し、てんぷら、酢味噌あえなどに。p1020825

P1020825_convert_20170626071602.jpg

コゴミ
くるくる巻いて出てくる新芽を摘む。お浸し、炒めもの、てんぷら、クルミあえ。p1020832

P1020832_convert_20170626071634.jpg

スミレ
花と葉のサラダ、煮物に添えると一品が輝く。p1020809

P1020809_convert_20170626072644.jpg


フキ
蕗のとうのてんぷら、油いため。佃煮、小さい葉は茹でて海苔の代わりに蕗巻きずしも美味しいp1020824

P1020824_convert_20170626071535.jpg

サンショウ
木の芽あえ、葉山椒の佃煮、実山椒の佃煮、山椒ちりめん。p1020810

P1020810_convert_20170626073057.jpg

ヤマミツバ
栽培ものより香りが高い。お吸い物、みそ汁、お浸しなど 。p1020812

P1020812_convert_20170626071427.jpg


2017、6月15日   トヨ子
関連記事

春満開

久しぶりに目黒川を散歩した。
お昼の時間帯には桜を見ようと
多くの人が歩いている。

IMG_3244.jpg

 (さて桜とどちらが綺麗かな)

満開の桜を見て「あら、綺麗」と感嘆の
声を上げるのは、中国人、アメリカ人、日本人、
やはり女性である。
どこの国の男は黙っている。

IMG_3245.jpg

(GNjから真っ直ぐに下ったところ)

桜の華も綺麗だが、川に散った桜が静かに流れている。
この光景は私が住んでいた20代の頃のアパートに
沿った小川を想い出す。
江古田駅から少し離れた狭い,陽の当たらないアパートであった。
息抜きに外に出ると桜が散っていた。
橋の上から小川に散った桜がピンク色に埋め尽くしていた。

IMG_3247.jpg

 (東京にもこんな所があるのか)

思わず青春時代に戻ってしまいました。
しばしして、反対側の橋から桜を見ると
川の向こうには高層ビルが見えました。
最近の東京は竹の子が生えるように
ニョキニョキと高いビルが建てられていく。

IMG_3248.jpg


IMG_3249.jpg

(若い頃の記憶から現代へ)

都会の中にも静かな時が流れます。
さあ、お昼は終わった。
そろそろGNJの部屋に戻って
1日ゲシュタルト体験のセッションをしましょうか。
関連記事

マイク・リード博士ワークショップ ~ A Fresh Look at Gestalt Therapy ~

ファシリテーター:マイク・リード博士(Michael Reed, Ph.D.)
~ A Fresh Look at Gestalt Therapy ~


f-michael.jpg


<開催日>
2017年4月22日(土)・23日(日)(2日間)各日 10:00 ~ 17:00

<参加費>
会 員 37,800円(税込)   /   非会員 43,200円(税込)

振込み番号 : 32

GNJでの開催は2年ぶり! 
東京で土日開催のマイク・リード!! このチャンス、お見逃しなく!
マイク・リード博士は、穏やかな佇まいと確かな存在感で参加者との信頼関係を構築します。そして、参加者と温かく向き合いながら、長年続いているパターンや、プロセスの滞りへの気づきを自然に浮かび上がらせます。

信頼感とクリエイティビティに溢れ、とても現代的なリード博士のゲシュタルトを、ぜひ体験しにいらしてください。

<お申込み方法>
◎ 電話: 03-5724-4406
月~金 8:30~18:00 土8:30~17:00 (日、祝、年末年始はお休み)

◎ 申込みフォームによる申込み
下の「ワークショップ申込みフォームへ」をクリックして必要事項をご記入ください。
>>申込みお申込みはこちらをクリック>>

<マイク・リード博士のプロフィール>
心理学者、認定臨床ソーシャルワーカー、Psychology Board of Australiaの認定スーパーバイザー、GANZ(ゲシュタルト・オーストラリア・ニュージーランド)特別会員。

35年間の個人、カップル、家族、グループに対する臨床経験を持ち、ゲシュタルト療法トレーニングには20年以上携わっている。シドニーのクロウズネストにおいて心理学、心理療法の個人プラクティスを行うほか、香港、米国、日本でもワークショップを実施。心理学、医療、健康、カウンセリング、心理療法の分野でジャーナルや本を出版。

仕事以外では、家族とリラックスし、孫と遊び、ガーデニング、ウクレレ、スポーツ観戦を楽しんでいる。

関連記事

TA・ゲシュタルト・ワークショップを開催します

室城です。
今年度からGNJで、TA・ゲシュタルト・ワークショップを行うことになりました。

TA・ゲシュタルト療法は、TA(交流分析)とゲシュタルト療法をグールディング夫妻が統合して創始した再決断療法を中核としつつ、TAとゲシュタルト療法の様々なアプローチを取り入れた心理療法です。

私が再決断療法と出会ったのは、二十数年前のことになります。そのころ私にTAを教えてくださっていた六角浩三先生や深澤道子先生がグールディング夫妻に再決断療法を学んだ方々でしたので、私も再決断療法を学ぶことになったのです。
残念ながらロバート・グールディングは既にお亡くなりになっていてお会いできませんでしたが、メアリー・グールディングからは直接、再決断療法を学ぶ機会もありました。しかし、学んだ内容以上に、深澤先生やメアリー・グールディングの人間的な温かさが強く印象に残っています。

moroki-ph001.jpg
(写真は左から深澤先生、筆者、デントン・ロバーツ、メアリー・グールディング)

その後、六角先生やメアリー・グールディングが亡くなり、深澤先生が病に倒れると、私は学ぶ意欲を失い、再決断療法から離れて行きました。その私が再び再決断療法を学ぶようになったのは、ゲシュタルト療法との出会いがあったからです。

2012年に東中国カウンセリングセンターでゲシュタルト療法のトレーニング・コースに参加した際、私の中で眠っていたものが目覚めるのを感じました。それは、かつて再決断療法を学んでいた時に、自分の中に流れていたものでした。そして、私はゲシュタルト療法とともに、再び再決断療法を学ぼうと決意しました。それが大阪で国際TA協会の大会が開催される直前だったのはまったくの偶然でしたが、私はこの大会を機に、繁田千恵先生の下で再び再決断療法のトレーニングを受けるようになりました。残念ながら大会の直前、深澤先生はお亡くなりになりましたが、私にとってはそれが、深澤先生から再決断療法を託されたように感じてなりませんでした。

そして現在は、再決断療法の実践のために、繁田先生やヴァン・ジョインズからトレーニングを受けています。

moroki-ph002.jpg
(写真はヴァン・ジョインズと筆者)。

そんな私にとって、今年からGNJでTA・ゲシュタルト・ワークショップを実践できることは、この上ない喜びです。

私は交流分析、そして再決断療法と出会ったことによって自分で人生を選べることに気づき、ゲシュタルト療法と出会うことによってより自分らしく生きられるようになりました。これまでの私の体験と恩師たちからの学びを分かち合うことによって、皆さんと素敵な時間を共有できればと思っています。

皆さんの参加をお待ちしています。

【TA・ゲシュタルト・ワークショップ開催日】
ファシリテーター:室城 隆之)

6月3日(土)・4日(日)(2日間) 各日  10:00 ~ 17:00

2018年 
2月17(土)・18日(日)(2日間) 各日  10:00 ~ 17:00

※ 1日のみの参加も可能です。

TA・ゲシュタルト・ワークショップの詳細はこちらをクリック>>
関連記事

カキ小屋で、新鮮なカキの炭火焼

さて、今年の年始は久しぶりに夫の実家に帰省しました。福岡県の糸島市というところで、近年、カキ小屋で注目を集めています。トタンのほったて小屋の中で、新鮮なカキを炭火焼にして食べることができるのです。

かき小屋11

これはカキとサザエとハマグリを焼いているところです。
焼いている間にも、カキの殻が灰になって天井から降ってくるため、蛍光色のジャンパーを着ます。
貝は急に爆ぜるので、やけどに注意です。

pかき小屋22

焼きたてのカキは熱いので、軍手が必須です。
こじ開けると、身がプックリしてジューシーです。つゆをなるべくこぼさないように食べます。何もかけなくてもちょうどよい塩加減です。

コンビニもないようなところですが、こうしたカキ小屋を目指して、週末には九州中から人が訪れるそうです。

3日間で40個くらいカキを食べました。
おいしいものを食べて、今年もがんばります。

Ayako
関連記事

プロフィール

gnj

Author:gnj
こんにちは、ゲシュタルト療法のワークショップを開催しているNPO法人ゲシュタルトネットワークジャパンです。
ゲシュタルト療法の「今-ここ」の「気づき」は、いきいきと自分らしく生きるエネルギーを活性させます。ひとりひとり違うonly oneの大切な存在である互いを認め合いながら、家庭で、学校で、職場で、地域で、世界中で、つながりあっていく社会を実現したいと思っています。

最新記事

ほのぼの時計 わくわく版

検索フォーム

QRコード

QR